免疫力を上げ、抗ガンやウィルス、感染症として国際特許を取得した成分【五葉の松種子エキスSPN(スパン)】、肌細胞を活性化し、炎症を抑え、アトピーやアレルギーに効果がみられた成分【松の実オイル(ピノレン酸)】などの五葉松の種子の総合研究機関[名古屋市]

一般社団法人 松の種子技術開発研究会

General Incorporated Association MATSU-NO-SYUSHI GIJUTSU-KAIHATSU KENKYU-KAI.

| HOME | 五葉松の種子の研究内容 |

更新日 2016-12-14

五葉松の種子の研究内容

■主な協力研究機関

国立感染症研究所      国立保険医療科学院      東京医科歯科大学     昭和大学医学部
東京大学医学部       東京女子医科大学       日本獣医生命科学大学   共立女子大学
名古屋市立大学薬学部    大阪府立大学生命環境科学部  山梨医科大学九州大学農学部
広島大学工学部       福山大学      東亜大学      鹿児島大学農学部
(財)日本生物化学研究所   (財)広島県食品工業技術センター  (財)日本食品分析センター  韓国科学院安全性研究所 他

順不同

■研究論文(一部公開)

SPNの抗HIV複製阻害.pdfSPNの抗HIV複製阻害
SPNの抗インフルエンザ活性NO1.pdfSPNの抗インフルエンザ活性NO1
SPNの抗インフルエンザ活性NO2.pdfSPNの抗インフルエンザ活性NO2
SPNの抗ヘルペス作用.pdfSPNの抗ヘルペス作用
SPNの抗ロタウイルス作用.pdfSPNの抗ロタウイルス作用
SPNの生体における抗菌及び抗ウイルス作用.pdfSPNの酸性多糖類の抗腫瘍活性
SPNの酸性多糖類の抗腫瘍活性.pdfSPNの生体における抗菌及び抗ウイルス作用
SPN細胞分裂促進作用NO1.pdfSPN細胞分裂促進作用NO1
SPN細胞分裂促進作用NO2.pdfSPN細胞分裂促進作用NO2
松の実オイルとコレステロールの低下.pdf松の実オイルとコレステロールの低下
松の実オイル特有脂肪酸.pdf松の実オイル特有脂肪酸